FC2ブログ

バンヒのパチ日記

  ぱちんこ「冬のソナタ」の画像記録♪  最終記事UP☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットについて思うこと

インターネット環境をお持ちの方は、
サイトを閲覧するだけでなく、ショッピングをしたり、
掲示板やブログなどに書き込みをしたり、
バンヒのようにブログをお持ちで何かを発信されたり…
色々な活用をされていると思います。

その「ネット」について最近思うことあり、
記事にUPすることにしました。
バンヒの独り言にお付き合いいただける方は
右下の more をクリックお願いします → →
 
 
 
 
 
1.はじめに

ネットはとても「便利」で、
自らの素性を明かすことなく人と交流できる「気軽さ」もまた
大きな魅力のひとつ。
でも、『ネットでの交流』は度々報道をにぎわすように、
マイナスの面もあるのは、みなさまよくご存知の通り。

本来、私も「トラブルは避けたい」ほうですから、
ネットに関しても閲覧のみ、オンラインショッピングを
たまに利用するくらいでした。
オンラインゲームもしません。
ヤフオクなどに代表されるオークションサイトでさえも
ネット上で個人情報をやりとりすることに抵抗を感じ、
利用したことがありません。(利用の仕方もわからず ^^;)
※そのかわり旦那がネットに関しては詳しく、
 ヤフオクも出品するほど活用しているので、
 欲しいものあれば旦那さまにお願いしておくと
 手に入るという、他力本願なバンヒです (^∇^;)


2.ネット交流のきっかけ

初めてネット上で人と交流をもったのは… 私の場合、
「ぱどタウン」というネット・コミュニティサイト。
都市ごとにクチコミ情報交流サイトとしても活用できるので、
もともとこちらを主目的として登録しました。
ゲーム感覚で部屋や家をレイアウトでき、訪問者として
他の方の部屋にお邪魔してコメントを残すことができる仕組み。
もちろん、訪問者が自分の部屋に足あとを残してくれるので、
お返事を返すうちだんだん交流の輪が広がり楽しいんです^^

ブログを立ちあげ、ぱどタウンのほうは退会しましたが、
ネット交流の楽しさを知るとともに、
基本的なネットマナーを勉強するよい体験となったのでした♪


3.ブログでの苦い体験

同じジャンルのブロガーさん同士の交流を中心に、
つたないものではありましたがブログを続けていました。
この頃に「掲示板」というものを知り、
書き込みこそしませんでしたが、閲覧しながら
「匿名性をかさにした言葉の暴力」を肌で感じ、
ネットの「負」の部分について考えはじめた時期でもあります。

まさかそれが自分の身に降りかかろうは…
きっかけは当時のブログに寄せられた批判コメントでした。
批判も考え方の違いなだけですから、
「一意見」として尊重すべきと常々考えているため、
誠心誠意を持ってお返事しました。
(考え方が違うものを端から否定したり、
 削除しようとするほうが私は怖いと考えています。)

でも、その批判コメントに便乗するかたちで
誹謗・中傷のコメントも一気に増え、
「炎上」とまで派手なものではなくとも、いわゆる
ブログが「荒れた」状態となったわけです。
明らかな「誹謗・中傷」のコメントに対しては削除、
意見として述べられているものには誠意をもってお返事する、
という対応を貫きました。
もちろん、ブログを閉じることもできたんですけど、
なんだか負けたような気がして嫌だったんです。
(実際そのようなブログも見ていたし…)

すると、私に賛成の立場の方々の応援コメントや
賛同する内容のコメントも増え、それらに押されるように、
批判コメントはなりを潜め、そのうち、
コメントとして書き込みをされなくなりました。
討論としては何の考えの深まりもなく、後味の悪い、
なんとも苦い経験でした。また、
その頃も「管理者のみ閲覧コメント」もできるブログでしたが、
誹謗・中傷の内容は、管理者のみ閲覧機能を使われないんです。
要は「人の目に触れるようにしてその反応をうかがいたい」
という見え見えのいやらしい考えなのがよ~く解りました。

そのブログは、仕事復帰のため忙しくなり、
更新や管理が十分にできないため閉じたのでした。


4.P-WORLD との出会い

仕事を退職し、時間にゆとりができたものの、
ブログでの苦い経験からネットはもっぱら閲覧と
ショッピングのみの利用くらいのものでした。
そして、ぱちんこ「冬のソナタ」との出会い (〃∇〃)
今思えばまさに「ビギナーズラック」☆
でも、世の中おいしい話ばかりではないはず…
「パチンコ」についてネットを駆使しながら
勉強しているうちに出会ったのが「P-WORLD」だったんです。

初代冬ソナの機種別板でどれだけ勉強させてもらったか…
冬ソナ関連の談話室もロム専でしたけど、
入り浸るようにして勉強をさせてもらったものです。
ずっとロム専だったのが、あるとき思いきって認証コードを取得し、
機種別板のほうへ投稿しました。
「掲示板」なるものへの参加はこのときが初めてでした。

そのとき指摘いただいたことがきっかけで
当たりの記録をとるようになり、
ますます冬ソナパチの演出にはまり、
談話室にも投稿するようになっていきました。
そして、現在のブログを立ち上げて1年が経ち、
現在に至っています。

再びネットの世界に参加するようになってからも、
すべてが順調だったわけではありません。
掲示板が「荒れる」という状況を何度となく見てきました。
規約違反と削除は覚悟のうえで投稿したことも2~3度はあります。
リアルタイムではなかったですが、
長く続いている談話室にはトピ主さんや住人の方に
大変なご苦労があったことを知る機会もありました。
もちろん、バンヒは今現在も一部の方に
こころよく思われていないことも知っています。
(反応するのも馬鹿馬鹿しく、静観を貫いていますが。)



5.ネットの世界(他人との交流)について思うこと

相手がどんな人がわからずに文字のみの交流というだけで、
基本は「現実の人間関係」と同じだと思っています。
むしろ、相手がどんな方かわからず、
文字でしかやり取りできないぶん、
現実の人間関係以上に気を遣っている部分も大きいです。

反対意見や批判であっても、一つの意見や考えですから、
「ものの言い方」はあるはずです。
ただ感情をぶつけるだけでは、ただの「誹謗・中傷」であり、
中には「暴言」でしかないものもあります。
(内容はたとえ正論であったとしても。)
ネットの世界特有の「匿名性」をかさに、
そのような「誹謗・中傷」「暴言」を吐く方は
きっとごく一部の方でしょう。
気にいらなければスルーするか、
どうしても物申したいときにはそれなりの言葉遣いを
されればいいだけなのに…
マナー違反をしてなければ、言われのない批判をされても
堂々としていればよいのです。

現実の人間関係で賛同する人・反対する人がいるのと同様、
ネットでの交流も同じだと思います。
受け取りかたは個々それぞれですし、気に入らない方も
もちろんおられるでしょう。
すべての方に「賛同してください」と言っているのではないのです。
「ものの言い方を考えてください」と言いたいだけなのです。


6.当ブログの管理について

掲示板にはルールがあり、管理者が管理をしています。
P-WORLDの機種別掲示板はその特性から細かな規約があり、
気をつけないと規約違反投稿をしやすいです。
規約違反だからといって叩いてよいのか?
そうではないですよね? 通報システムがちゃんとあります。
そのシステムを踏んで削除依頼をするか、
物申したければそれなりの言葉遣いで意見を述べればいいだけです。
(気に入らなければスルーというのも一般的です。)

ブログやサイトも同様です。
管理人が何をよしとして何をダメとするかを判断します。
当ブログもそうです。
「よいか悪いかを判断するのは管理人であるバンヒ」です。
反対意見や批判があるならば、頭ごなしに否定はしません。
ちゃんと「それなりの言葉遣いで」意見として述べてください。
感情をぶつけるだけの、それも誰か特定の人を
「誹謗・中傷」する内容であれば
即刻削除させていただきます。もちろん「暴言」も同様です。
悪質な場合には、アクセス拒否はもちろん、
IPアドレスを公表するなどの措置をとらせていただきます。

ブログによっては「認証制」のブログもあります。
(認証コードを入力することによって閲覧するシステム)
当ブログはできるだけ、今も冬ソナパチを楽しまれている方の
参考に少しでも役立てばという思いで続けていますので、
「開かれたかたち」で運営していきたいと考えています。

冬ソナの設置期限も迫ってきてはいますが…
これまで当ブログを盛り立ててくださっている方も、
ロムだけで楽しんでくださっている方も、
冬ソナパチ&冬ソナのドラマ好きの方ならどなたでも大歓迎♪
どうぞ気軽に足あとを残してくださいませ^^
頼りない管理人ではありますが、出来る限りのことはしますので、
これからもみなみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
\(_ _*)m(_ _)m(*_ _)/


長々と独り言にお付き合いくださり、ありがとうございました。
(*- -)(*_ _)ペコリ
 

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

>青春フユソナ さん

独り言にお付き合いいただきまして(^人^)感謝♪
あまりにタイムリーすぎる話題となりまして、少々慌てております…

人の「心」は、相手が目の前にいなければ、
ほとんど「言葉」を介してでないと伝えられないですよね…
「言葉」が「心」のすべてを表現しきることはできません。
しかしながら、その「言葉」から「心」を推し量るしかない…

やさしさが伝わるように「やさしい言葉」を、
おもいやりが伝わるように「あたたかい言葉」を、
普段から心がけたいと思います^^
(って、言葉遣いがなってない自分への自戒の意味も込めて^^;)

青春フユソナさんの言葉ににじみ出るお人柄、世界観、
大好きです ・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・
「青春フユソナさんワールド」全開で、溢れる笑い&笑顔とともに、
これからもこれからもよろしくお願いします♪

青春フユソナの独り言

 「人」が地球上の生物の中で、進化の頂点に達し、文明を築き上げた要因に 言葉があり、文字があります。

 言葉を 音声で表す限り 限定されます。

 聞こえる範囲の その場限り。

 けれども、文字として表現されたものは、時を越え、距離を越えてしまいます。

 はるか遠く黄河の地の、紀元前の文字で表現された人の思いが 2010年という時 日本の地にあって接す ることができる。

 だからこそ、言葉を文字にして表現するには 考慮と 配慮が必要です。

 他の人を 「誹謗・中傷」する言葉は それを受けた人の心を硬くします。

 そして、怒・悲・寂・怨の感情を湧出し 反撃・復讐の言葉を捜し、方策を考えるようになります。

 そして、さらに、その方策を行動に移してしまうと、「誹謗・中傷」を発した人も、受けた人も共に

 水のない 草のない 虫のない 雲さえもない荒涼の地にたたずむことになる。

 さらに、例えれば、海溝の底の底 地上のあらゆる生物が 遺棄した 絶対に新しい物を生み出すことのない 無機質に包まれた・・・

 朝が来ることのない漆黒の闇の中で蠢いている・・・目のない耳のない口のない鼻のない皮膚もないもの同士 がモゾモゾ動いている風景・・・

匿名で 他人を「誹謗・中傷」する人を 古来 ”卑怯者” ”臆病者”と 称します。 

又は、”ひねくれもの”とも言われます。

そういう 「そしり」、「誤解」を受けない為に

匿名で 思いや考えを文字で表現する場合は 十分な配慮が 必要なのでしょう。

やさしい心でなければ 相手の人に 自らの思いを伝えることができません。・・・けっして・・・。

・・・ブツブツ・・・

・・・ブツブツブツ・・・

アレッ!

バンヒさん 聞いていたのかなぁ?

ちらっと 姿が見えたような・・・

気のせいかな・・・

 ・
 
 ・

 ・

 はて?





 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

一言メッセージ♪

ブログ最終回記事UP☆

応援ありがとうございました
コメントやメールのお返事が
できずにごめんなさい。
みなさまお元気で (^_^)/~

ブログ内の検索にどうぞ♪

「夜背景」カテゴリにありません
こちらで検索してね☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。