バンヒのパチ日記

  ぱちんこ「冬のソナタ」の画像記録♪  最終記事UP☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 1966アルバム

青い1966アルバム

「ぱちんこ冬のソナタ」では初代から
プレミアとして君臨する「1966アルバム」ですが、
実際のドラマのアルバムはこんなのです。
黄トラックさんの情報を元に、ドラマより引用しています。

( ̄◇ ̄;)エッ 紺色で全然違うじゃない …!?
と思われた方は more をクリック → → ♪


 ← (*^^*)





アルバムを探すチュンサン

青いアルバム


上記紺色の1966アルバムがドラマで登場するのは、
「第1話 出会い」
チュンサンが春川高校へ転校してすぐのこと。
図書室で卒業アルバムの並んだ棚から、
たしかに「1966」表記のアルバムを取り出すのですが、
その取り出したアルバムは紺色のもの!
(サンヒョクの父を見つけ、持っていた写真と比べます。)
数年ごとに卒業アルバムの色があるようで、
棚には緑や赤のものもあります。

でも、ドラマの1966アルバムはこの「紺色」です。
上記の画像ではわかりにくいですけど、
校章もひし形っぽいデザインで、
プレミアアルバムの丸っぽいデザインの校章とは異なります。
また、表紙には西暦表記も見受けられません。


ヒジンとチュンサン

「卒業」ではありませんが、「アルバム」なら
登場するシーンがもう1つあります。
「第2話 はかない恋」
雪だるまデートのあと、
ユジンを送ったチュンサンは晩ご飯を食べてと家に招かれます。
「チゲ鍋」をユジンが作ってくれる間に、ヒジン(ユジンの妹)から
見せられたアルバムに、母ミヒの姿を見つけたチュンサン。
ユジンの家を飛び出し、そのままチヌの職場へと向かうのでした…

このときのアルバムは、ごく一般的な普通の「アルバム」です。
では、ぱちんこ冬のソナタに登場する
「くすんだ緑色の1966アルバム」は、ドラマでは登場しないのか…?
ということになるわけですが… 


ここからはバンヒの想像です。
緑の布地調の1966プレミアアルバムは、
パチンコ用に作られたものでは? と考えます。
①初代と2とでハングル表記があるのとないのも、
 パチ用だからであり、オリジナルではないからでは?
②初代のアルバムでは「白・赤・青」が通常の3種類、
 そこで「緑」が選ばれ、かつプレミアの重厚さをつけるため、
 「布地調」が採用されたのではないでしょうか…?
(そのまま「紺色」を採用すると、青アルバムと被るため ^^;)
冬ソナ2では、そのまま初代のものが受け継がれ、
さらに「冬のソナタアルバム」というタイトル入りの
もう一つのプレミアアルバムが追加されたのでは…?
と想像するのでした。


 ← (*^^*)

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

>黄トラック さん

>ドラマの中から引用したのなら、違いは無いと思われます
(*¨)(*..)(*¨)(*..)うんうん
今回画像で比較してみて初めて「ハングル表記の有無」という
微妙な違いに気づくことができたんですよ~♪
一瞬のことなんで、全くわからなかったんです。このちいさな「違い」が、
「作られた」と推測する要因の1つとなりました^^

「第12話 10年前の真実」でサンヒョクが高校で閲覧したのは、
「アルバム」ではなくて「生徒記録簿」でした。
追記にすると長くなりすぎるので、新たに記事をUPしています☆

>京楽は何でこれに手間をかけたのかな?
・・・( ̄  ̄;) うーん 開発スタッフでないと真相はわかりませんが…
初代冬ソナは「アルバムの色」が重要な予告の1つだったので、
「アルバム」にこだわった部分もあるのかなぁ…?
 ( ̄。 ̄ )ボソ...  と思ってみたりもするのでした^^;

>けろっぴ~ さん

>発展するごとに信頼度がアップ
(*¨)(*..)(*¨)(*..)うんうん
冬ソナ以前の機種はわからないのですが、
冬ソナのように、アニメから実写まで発展するとリーチがとても長く、
こんなに長いリーチは他の機種にはなかったと聞いています。
(ここが、京楽好きと嫌いとの「別れ目」になるようでもありますが^^;)

冬ソナの場合、実写に行けば期待できるってもんじゃあない、
というところがミソですよね~♪
初代も語れば長いので、2の擬似3連リーチに限定しても、
即実写よりアニメ、またはアニメからの実写発展を願うことも
多々ありますもんね^^
「群あり初雪リーチでメガポラなし」この演出のときは、
ユジンカットインよりも「ポラリスカットイン」を願います☆
復活当たりで確変率が高い印象があるからなんです♪
「予告演出の組み合わせ」が多様で、ホントおもしろいです☆

バンヒさんの仮説

納得できるのは、冬ソナと冬ソナ2で微妙に違いがあることです。もしドラマの中から引用したのなら、違いは無いと思われますので・・・
面白い、京楽は何でこれに手間をかけたのかな?

バンヒさん、おはようございます。

私は、甘ソナ2から打ち始めて、どうしてアルバムの色がこれほど用意しているのか、
享楽だから演出モリモリにするために意味無く用意したと思っていました。

しかし、黄トラックさんの指摘で新ためて上に挙げられているシーンを見ると、
ドラマに忠実に演出を作っているのがよくわかりました。

ドラマに忠実な演出の関連として、今までの機種のリーチ演出は、
発展するごとに信頼度がアップして行って最終的に当たるってパターンがほとんどだったと思います。
ソナ2の場合、徐々に盛り上げて行って(出会い)、アルバム・赤青ポラリスで落とす(別れ)、
メガポラで上げ(再び出会い)、携帯で落ち(再び別れ)ヨモニーで結ばれる。
最近勝手な想像で、このように作られているのではないかと思っています。^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

一言メッセージ♪

ブログ最終回記事UP☆

応援ありがとうございました
コメントやメールのお返事が
できずにごめんなさい。
みなさまお元気で (^_^)/~

ブログ内の検索にどうぞ♪

「夜背景」カテゴリにありません
こちらで検索してね☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。