バンヒのパチ日記

  ぱちんこ「冬のソナタ」の画像記録♪  最終記事UP☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕って天才?

ピアノを弾くミニョン 銀枠

銀枠ステップ3 ピアノを弾くミニョン
金枠もありますが、通常よ~く出てくるアレ d( ̄  ̄)
ステップ1 次長とミニョン
ステップ2 次長 「あ~うまく弾けないや」
ステップ3 ピアノを弾くミニョンの手のアップ
ステップ4 ミニョン 「僕って天才?」 

ミニョンの母は世界を舞台に活躍している有名なピアニスト。
でも、息子のミニョンはピアノなど習ったこともなく、
ピアノなど弾けはしないというのですが…
さらっと演奏し、次長を驚かせます。

流れとしては、ユジンがミニョンをかばって
材木の下敷きになるも大事に至らず回復し、
「男を誘惑する」という誤解も溶け二人の距離が縮まる頃の話。
あのロッジ閉じ込め直前のエピソードとなります。
キム次長のやりとりも含めた詳細は more をクリック →


 ← (*^^*)  
 
 
「第7話 冬の嵐」より

ユジンのミニョンに対する不可解な言動は、
自分が「チュンサン」という人物にそっくりだということ、
また、男を誘惑するという話も
チェリンの嘘によるものだったことがわかりました。
ミニョンはユジンに対する誤解を謝罪するも、
「誤解ならば、許すようなことでもないでしょう?」
自分の誤解を非難するどころか、優し言葉で包み込むユジン。
ミニョンはますますユジンに惹かれていきます。

ユジンの母が倒れたとの報が入り、
急いで母キョンヒのもとを訪ねます。雪道の運転を心配し、
ミニョンがなかば強引に車でユジンを送ったのでした。
出迎えたユジンの妹ヒジンがミニョンを見て
「チュンサンお兄ちゃん…?」と。
ミニョンは「チュンサン」の存在の大きさを
ここでもまた知るのでした。

幸い母の様態は落ち着いており、胸をなでおろすユジン。
婚約式をすっぽかし、大事には至らなかったものの
仕事場では材木の下敷きにもなり、自分が原因で
母に心労を重ねているのはユジンにも痛いほどわかっています。
キョンヒが突然一緒に現れたミニョンをいぶかしがるのは当然のこと。
「いくら仕事で一緒だとしても、
 こんなふうに二人で来るもんじゃないわ。
 本当に仕事で一緒って言うだけなのね?」

キョンヒのお見舞いの帰り道、二人はミニョンの希望で
ユジンがよく行っていたという湖に立ち寄ります。
美しい並木道とともに静かに水面をたたえる美しい湖…
そう、ここはユジンにとってチュンサンとの思いでの場所。
聖地といってもいいでしょう。
ミニョンが自分をここへ連れてきた意図はわかりました。
「…他の場所に行きませんか?」ユジンはそこを離れたがりますが
ミニョンはもう少しと言って応じません。

「そんなふうに気持ちをかたくなに閉ざして、
 いったい誰を愛することができるというんです?
 ユジンさんこそ、影の国で
 一人ぼっちで生きてるんじゃありませんか?
 これからもそうやってさびしく生きるつもりですか?
 こんなにあたたかくて美しい場所があるのに、
 一人でずっとさびしく生きていくんですか?
 見て…しっかり見てください…」
ユジンは、じっと湖面を、広がる景色を見つめるのでした。



(やっとここからが本題 ^^;)

翌日、ミニョンと次長が一息ついていました。
「言いたいことがあるのに…
 別の言葉が口から出てしまうのはどうしてでしょうね?」
ミニョンがふとキム次長に尋ねます。

次長はニヤリとして…
「そうだなあ…まずは…何を言うか忘れちまって。
 次は、悪いことをしてるから。
 後は、( ̄∀ ̄*)イヒッ…相手を好きだから。
 さあ、どれだ?」
彼の得意とする三択問題です。

(事の本質をすばやく見抜き三択に整理する能力、
 キム次長の頭のよさには目を見張ります。
 じつはこの三択、ドラマの中でけっこうあるんです。)

三択問題の答えは決まっていました。
答えようとしないミニョンに、
うまいとはいえないピアノを弾きながら突っ込みます。
「その 『誰』ってチョン・ユジンだろ?」
ミニョンははぐらかして次長のピアノの下手さをなじりますが…
「あ~ うまく弾けないや。」
昔はもっとうまく弾けたと弁解するのでした。
次長が続けます。
「その時はなんて言うか、
 その…愛の力で弾いたってことかな?」
先輩を頼るように尋ねるミニョン。
「誰かを心から愛する気持ちって…どんなものなんですか?」
その問いの答えは…
「心から誰かを愛する気持ち…さびしくなるってことだろ。」
キム次長の言葉は、まさに今のミニョンにぴったりの言葉でした。

自分が今ユジンに抱いている気持ちはいったい何なのかを
ミニョン自身計りかねています。
ただ、昨日ユジンに言った言葉だけでは、
自分の気持ちを言い尽くせていないことは確かでした。

「さっきの答え…最後のやつだな?そうだろ?」

次長はピアノを弾くのをあきらめて帰り支度を始めます。
ミニョンはピアノの前に行くと片手で何気なく弾き始めます。
流れ出す『初めて』のメロディ♪
やがてミニョンは両手で弾きだしキム次長を驚かせます。
「お前、ピアノ弾けないんじゃなかったのか!?」
「先輩、僕ってもしかして天才?
ミニョンは自分でもただただ驚くだけでした。



ミニョンがなぜピアノを弾けたのか… それは彼が
チュンサンであることの付箋であることは明白ですね^^
三つ子の魂百までではないですが、
頭の中の記憶はなくしていても、
身体に沁みこんでいる感覚や感情は失っていないということ
の現われなのでしょう。
ミニョンの弾いたメロディが『初めて』であることが、
如実にそれを物語っています。

話の流れで触れていませんが、ミニョンの謝罪のあと、
職場のレストラン改装現場でのピアノの話があるんです。
ユジンは『初めて』のメロディを奏で、
「この曲知っていますか…?ピアノ弾けますか…?」と
ユジンはつい期待を込めて尋ねるのですが、
ミニョンは、曲も知らないしピアノは弾けないと答え…
ユジンの肩を落とす切ない表情が胸を締め付けるシーン。
この前振りがあって、
ミニョンと次長のピアノのシーンがあるわけです d( ̄  ̄)
赤ハングル「天才」もこのエピソードからと思われます♪

 ← (*^ー゜)v ♪

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

>けろっぴ~ さん

追加投資ありでしたか… (/TДT)/あうぅ・・・・
でも20kなら、甘デジ1稼動の予算内では…?
熱くなって甘デジにミドルなみの投資をするよりはよいかと^^
お疲れさまでした ( ^-^)_旦""

>私ではあんな結果になっていない
(*¨)(*..)(*¨)(*..)うんうん 大事なことですよ。
甘ジョーを打つようになって特に感じてます。
特訓モードで当たりが引けるかどうか、
ラッシュが引けるかどうか、まさに「バクチ」ですね~(^_^;)
ラッシュが引けると楽しいのでちょこっと打つんですが、
甘ジョーは粘る台ではないな… と思っています。
(じっくり打つならミドルなみの心構えがいるかと ^^;)
24%が15ラウンド振り分けなのは嬉しいですが、
ヘソ3割が特訓モードなんで回数だけ当たれど出玉なしはよくある話…

嬉しい報告はどーんと自慢で、
悲しい報告はしっかり憂さばらしで、
すっきりと次回稼動にご利用くださいませ^^
楽しみに待っています♪

バンヒさん、お疲れ様です。

>追加投資はされてないのでしょう…?
いえいえ、しっかり追加投資で -20Kでした。orz

>回らなくても連するときはするし、
そうなんですよ!!
回らなくて捨てた台があっという間に箱を積んでる!
なんて事良くありますね。
「私ではあんな結果になっていない。」と
自分を慰めています。

次はいい報告が出来るように頑張ります。
しかし世間はGWに突入しますので、
報告は明けになるかも。^^

>マスターも好き♪ さん

チンスク&ヨングクのエピソード以上に、
チョンア&キム次長のエピソードはカットされてるんです(T_T)
チョンアさんは愛犬をユジンの友人とは知らずに、
獣医のヨングクに預けるというつながりがあり、
チョンアさんとヨングクのかけあいはまるで漫才  ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
重たくなりがちな内容のドラマの中に
ほっとした空気をもたらしてくれてるんですね^^

>私は応援したいタイプ
マスターも好き♪さんはやさしい (〃∇〃) ぽっ
優柔不断ユジンめ~~!! はっきりせんかい!!
オラオラオラオラッ!o( -_-)~=○☆
と思ってしまう私は、なんて冷たい女 (^∇^;)
チェリン負けるな~~! サンヒョク押しまくれ~~!!
o( ̄‐ ̄*)グッ!! チェリン&サンヒョクの応援に走ってしまう^^;

>青文字会話
そうそう、擬似なしから冬ソナチャンス発展もありました!
降雪・大雪・冬ソナチャンス…
これらはすべて人さまの台で見せてもらったものです
( ̄ー ̄;)ゞポリポリ
冬ソナ全盛期は隣り近所も含めて楽しめたのに…
1台・2台では寂しいですよね (´_`。)グスン

>ミニョンさんの「思い出したんだ!」と「僕って天才?」
ミニョンモード中の携帯電話予告「思いだしたんだ!」と
「帰ってきてチュンサン!」は当確予告ではないですが、
かなりのチャンスアップ予告だと思っています。
(サンヒョクの「ありがとう ~ 僕の本心だ」と
 ミニョンの「ユジンの力になれるのは~」も?)

「僕って天才!?」の銀枠予告も、(これに限らず銀枠は?)
ステップ3止まりはまず期待できませんが、
ステップ4まで発展すると他の予告の複合にもよりますが、
じゅうぶん当たりに絡んでくる予告だと思っています(^_-)-☆
(時短中に見られることが多い印象?
 あと銀枠ステップ4は当たっても単発のイメージが強くて^^;)

キム次長に「あ~うまく引けないや」

と言われると、サンヒョクの「もう止めろよ」並に打ちのめされる、嵌り時の意地悪ステップ。
以前、バンヒさんに「あ~うまく引けないや」は 「あ~うまく弾けないや」のピアノエピソードから引用してるセリフと教えていただきましたが、
ピアノを介して、こんなやり取りが有ったのですね。
キム次長、センス有りますね~。
ドラマを見ていない私なので、パチンコのキム次長をただのお惚けキャラと思っていました(チョンアさんは意地悪な上司と思ってましたもの)。バンヒさんの解説のお陰で、今ではキム次長&チョンアさんLOVEです♪

そして、
>「この曲知っていますか…?ピアノ弾けますか…?」と
ユジンはつい期待を込めて尋ねるのですが、
ミニョンは、曲も知らないしピアノは弾けないと答え…
ユジンの肩を落とす切ない表情が胸を締め付けるシーン。

こういう細かいエピソードを知ると、ユジンにキュンとなってしまいます。ユジン、強いようで繊細な可愛らしい人だと思います・・・。私は応援したいタイプです~。



パチの話に戻りますが、
ミニョンさんの「思い出したんだ!」と「僕って天才?」
やはり擬似に絡むとそこそこ強い予告な気がしています。

>けろっぴ~ さん

>2時間ほどで1800入り箱が2箱半
ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪ 1.5K投資ならおししい (⌒¬⌒*)ジュル・・・♪
回りがよければ粘りたくもなります♪

>7連単   "/(;-_-) イテテ・・・
さすがにガセミニョン3連続は、甘ソナだと凹みますよね…
(/TДT)/あうぅ・・・・
ミドルならスペック的に何ら不思議には感じませんが、
甘だと「嫌がらせかっ!?」 \(*`∧´)/ !!

お疲れさまでした ( -_-)旦~ フゥ...
とはいえ、追加投資はされてないのでしょう…?
低投資で数時間遊んで楽しめたと思えば… (^_-)-☆

回らなくても連するときはするし、
回っても当たらないときは当たらないし…
次回は低投資&大勝利がセットとなりますように☆( ̄人 ̄)♪

おはようございます♪

この湖の時、ユジンが涙を隠す為、メガネ付きのフードを被る場面が
ありましたよね♪
その仕草に胸キュンでした ^^

話変わりますが、愚痴を少し聞いてください m(__)m

昨日10時頃、P店に行きいつものように甘ソナを打ち始め、
1.5Kで学生モード移行のリーチで単図柄を引き
当たり玉の無くなる頃にまた!単図柄で当たり(T_T)
その時短中に待望の確図柄を引き当て一安心。(ホッ)

当たりが続き12時で1800入り箱が2箱半
回りもよく今日は1日良いことがありそうと思ったのが間違いでした (T_T)

そこから 何と!! 7連単 ヒドイ・・・||||(・・、)

明細は、確から単で終わりとして1
チャンスタイム突入保留1個目で単(・・)2
230位で単 3
290辺りでガセミニヨン、モード中またガセミニヨン、
モード中またまたガセミニヨン。
総回転400程で単 4 時短中単 5
120で単 6 時短で単 7
のまれて終了・・・・抜け殻になっています(T_T)

いくら回っても駄目な時は駄目ですね。
気を取り直して次回がんばります!!♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

一言メッセージ♪

ブログ最終回記事UP☆

応援ありがとうございました
コメントやメールのお返事が
できずにごめんなさい。
みなさまお元気で (^_^)/~

ブログ内の検索にどうぞ♪

「夜背景」カテゴリにありません
こちらで検索してね☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。