バンヒのパチ日記

  ぱちんこ「冬のソナタ」の画像記録♪  最終記事UP☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚は絶対にだめなの

結婚はだめなの


ユジン 「私、怖がらないわ…。」
キョンヒ「あなたたちの結婚は、絶対にだめなの。」
10年後再会モード中の単発濃厚会話 (^_^;)

銀枠予告でも「結婚ダメ!」出てきますよね。
通常中だと「当たらないよ」
確変中だと「単発だよ」
と宣言されているような気がするのはバンヒだけ!?
...φ(。。*)イジイジ...

でも、このセリフには、ユジンの母キョンヒの
苦悩がにじみ出いてるのですよ…
詳しくは more をクリック → →


 ← (T-T )( T-T)ウルウル  
 
 
 
「第16話 父の影」 より

二度目の事故から奇跡的に目覚め、
自分がチュンサンであることも思い出したミニョン。
退院し、チュンサンとしての記憶も
徐々に取り戻し始めた頃…

ユジンの母キョンヒの姿は、ソウルにありました。
サンヒョクに会うため、彼の勤める
ラジオ放送局に来ていたのです。

使われてない会議室に流れる神妙な空気…
テーブルの上には白い風呂敷に包まれた箱が置かれ、
その上には封筒がありました。
キョンヒが重い口を開きます。
「ユジンが返すより、私から返したほうがいいと思って…
 ご両親からいただいたお祝いの品と、
 あなたが結婚の準備のためにってくれたお金よ」

ユジンの母を気遣うように、サンヒョクは穏やかに応じます。
「結婚の準備でご面倒をおかけしたのに、
 こんなことになって申し訳ありません…」
サンヒョクのやさしい心根を昔からよく知っているキョンヒ。
「…つらかったでしょう?」
「…いいえ」
あえて否定するサンヒョクに胸が締め付けられます。
「ごめんね…本当にごめんね。サンヒョク。
 あなたのことは自分の息子同然に思ってたのに…」

サンヒョクもキョンヒのことを敬愛していました。
「いいえ、お母さま。謝るのは僕のほうです。
 僕はユジンを本当に幸せにしてあげたかった…
 お母さまと同居して、ユジンと僕に似た子どもも授かって、
 本当に幸せにしてあげたかったのに…申し訳ありません」

こんな結果になってまでも礼を尽くすサンヒョク…
辛さのあまり、キョンヒは思わず視線を落としました。


放送局には、インンタビューの依頼を受けて
訪ねていた女性がもう一人いました。
世界的ピアニスト、カン・ミヒ。
会議室から出てきたサンヒョクとキョンヒは、
廊下でミヒとすれ違います。
先に気づいたのはキョンヒでした。
ミヒもキョンヒに気づき足を止め、二人は向かい合います。

互いにすぐに言葉が出てきません。
二人を隔てる緊迫した空気…
「…本当にお久しぶりですね」とキョンヒ。
「ええ、お久しぶりですね。ヒョンスのこと…聞きました」とミヒ。
(※ユジンの父ヒョンスが亡くなったことは、
  最近になってチヌから知ったのでした。)
「そうでしたか。私も新聞で時々ご活躍を拝見していました」

キョンヒは見送りをしてくれようとするサンヒョクに、
「もう行くから戻っていいわ」と気遣い、
ミヒに一礼して去っていきました。
じっと見送るサンヒョクにミヒは尋ねます。
「あの方、ご存知なの?」
なんと応えたものかちょっと戸惑いつつ、
「…友だりのお母さまです」
と言葉を濁すサンヒョク。
怪訝そうな顔をしているミヒに、
「ユジンをご存知ですよね?チョン・ユジン」
「チョン・ユジン!?」
思わず聞き返したミヒの顔色が見る見るこわばります。
「チョン・ユジンさんのお母さまですって!?」


数日後の夜、ミヒは春川のユジンの家へ訪れていました。
驚きながらも家へ招き入れるキョンヒ。
穏やかな微笑をたたえるヒョンスの遺影…
「主人のお客さまならいつでも歓迎いたします。」
キョンヒには直感するものがありました。
ヒョンスの誕生日に、
人知れず墓地で供えられていた花…
ああ、やはりこの女(ひと)だったのだと。

お茶の出されたテーブルに向かいあう二人…
切り出したのはミヒでした。
「何の用で来たかおわかりですか…?
 お嬢さんのお名前… ユジンさん、ですよね?」
「ええ…」
「それじゃ、チュンサンという名前もご存知ですよね?」
チュンサンの名前を出されて、思わずミヒを見つめるキョンヒ。
「…チュンサンは、私の息子なんです。」
ミヒの告白に、キョンヒの顔色は見る見る変わっていきます店

ミニョンとユジンは絶対に結婚させない、
キョンヒにも反対してほしいと頼むために、
ミヒは春川へ出向いていたのでした。

時を同じくして、教会の神壇の前…
永遠の愛を誓い、口づけを交わすユジンとチュンサン…





「第17話 障害」 より

ユジンとチュンサンは、二人の結婚の許しを得ようと、
春川のキョンヒを訪ねていました。

「お母さん、僕をユジンさんと結婚させてください。」
返事のできないキョンヒ…
「お母さん、お願いします。」
ユジンも一緒にお願いしますが…
「誰よりも彼女を幸せにします。認めてください。」
重い口をようやく開き、キョンヒは…
「こんな、急に来られても困ります…
 今日はお引取りください。」
戸惑うユジンとチュンサン。

これまでのいきさつから、
お母さんが自分を気に入らないのもよくわかる、
でも、認めてもらえるように努力すると
懇願するミニョンでしたが…
「そんなんじゃないんです。
 …そんな簡単なことではないんです…
 ユジンに話しておきますから、お帰りください。」
そう言って、キョンヒは席を立ってしまいました。


ミニョンは席を外し、母娘の二人…
「お母さん、私、他の人じゃだめなの。
 チュンサンじゃなきゃダメなの!」
必死に訴えるユジンに、
普段は穏やかなキョンヒも声を荒げます。
「どうして、よりによってあの人なの!
 これからどれだけ辛い目に遭うかわかってるの?」
ユジンは母の手をとり、なおも懇願します。
「お願い、お母さん許して。
 あの人とだったら、私、何だって怖くないの。
 何だって乗り越えられる、
 あの人とだったらどんな辛いことでも堪えるわ。」
………「お母さんがダメだと言っても…?」
母を見つめるユジン… キョンヒの目から涙がこぼれます。
「…たとえ私が許しても、カン・ミヒさん、
 彼のお母さんが絶対許してくれないわ
 だから許せません、二人の結婚は絶対にだめなの…

「それ、どういうことなの…?」
いぶかしがるユジンにキョンヒは1枚の写真を取り出しました。
若き日の父と腕を組むミヒ、そしてチヌ…
白黒の古びた一枚のあの写真を…




※17話前半、キョンヒがチヌに相談するため、
 喫茶店で会ったシーンを割愛しています。
 ミヒが訪ねてきたことをチヌに話すのですが…
 事態を察知したチヌは、
 自分も二人の結婚を反対する立場をとると、
 キョンヒに告げるのでした。



 
キョンヒはなぜユジンとチュンサンの結婚を認めないか…
①異母兄妹だから
②亡き夫ヒョンスの、元婚約者の息子だから
②は当然として、①が原因かどうかは、
見る側の想像に委ねられています。

①「ユジンとチュンサンは異母兄妹」
その可能性は、キョンヒの胸のうちにはあったでしょうし、
ミヒの一途なヒョンスへの想いを考慮すれば、
そう考えるほうが自然でしょう。
でもその考えを受け入れることは、
キョンヒとっても辛いことに違いありません。
愛する夫に腹違いの子どもがいた、
ということになるのですから。

サンヒョクの父チヌは、キョンヒからの相談を受け、
ミヒに直接チュンサンの父が誰かを問い正し、
二人は異母兄妹と思い込み、結婚の反対をします。
協力する形でサンヒョクが二人の結婚を止めに入るのですが…

でも、肝心のミヒは知っています。
ユジンとチュンサンに血のつながりはないことを。
単に元婚約者の娘だから結婚を反対したのか…?
簡単にはすまないミヒの執着がここにはありました。
そのあたりについては、またの機会に^^



※追記

 「第17話 障害」の終盤、
 チヌがサンヒョクに二人の結婚を止めるよう
 協力を求める場面があります。
 そのときサンヒョクはチヌから聞かされます。
 「チュンサンはヒョンスの子である」ことを。
 このシーンでチヌは、
 「ユジンの母は、なぜ私が結婚に反対なのか、
  その本当の理由は知らない。」
 という話もサンヒョクにしています。

 たしかに、血のつながりがあるとキョンヒが思えば、
 キョンヒはもっと頑なに結婚を反対をするかも…!?
 異母兄妹の考えはよぎりながら、
 あえて蓋をするようにしていた…?
 
 あくまで想像の世界です (^^ゞ
 キョンヒの娘を思う深い深い愛情は、
 娘ユジンにもしっかり引き継がれているのですね^^


 ← (T-T )( T-T)ウルウル

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

>けろっぴ~ さん

チヌとミヒの関係、ごくごく簡単に触れた記事がこちらにありました。
http://fuyusonapachi.blog12.fc2.com/blog-entry-225.html

たしか、もっと詳しく書きたいなぁ… と思いつつ、
放置になってたみたいです (;^_^A アセアセ・・・
目標は今週中 o( ̄‐ ̄*)グッ!!

バンヒさん、みなさん、おはようございます。

非常階段さん、助けていただきまして、ありがとうございます。

>ミヒが2人の違うところは…
そうです^^ この答えなんですよ!!
ミヒがヒョンスに好意を持っていたのはもちろんですけど、
チヌに対して当時、どういった感情でいたのか?
(子供が出来る行為をしたんですから・・・朝からすみませんm(__)m)
それを解くカギを言っていたと思うんです。

そのように観ていたんですけど、
>身ごもったことをヒョンスには知らせたのかどうかを聞いた
の答えなら、私の思って要るニュアンスと違っているような・・・

>正直よく解りません (;^_^A アセアセ・・・
ありゃ~ バンヒさんも解らないことを聞いてしまったんですね(汗)

>しばし(数日?)お待ちくださいませ m( __ __ )m
了解しました。^^

>非常階段 さん

v(^_^v)♪ありがと~♪(v^_^)v
けろっぴ~さんのはてなシーンが、おかげさまではっきりと
こちらにも伝わりました サンキュ(* ゚̄ ̄)/
改めて見返してみると、ドラマ中ではたしかに、
「チュンサンはヒョンスの子どもである」ことを印象付けていますが…
ドラマを再度見直したり、注意深く見たりしていると、
「チュンサンがチヌの子どもである」
ということを語っているようにも見えてくるから不思議です
w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

ヒョンス・ミヒ・チヌ この3人の関係が詳細に描かれてない以上、
想像の世界でしかないんですが、ミヒの心情を書いてみますね♪

>けろっぴ~ さん

きっと、けろっぴ~さんと非常階段さんと、私も、
思い描いているシーンは同じです (〃∇〃)

内容で1つだけ…
>「どうして私の子を産んだのか?」の答えを言ってた
ここは、非常階段さんが言われている
>身ごもったことをヒョンスには知らせたのかどうかを聞いた
が正しいので、記憶が混同されているようです。

ミヒのセリフは非常階段さんがおっしゃるように、確かに意味深。
正直よく解りません (;^_^A アセアセ・・・
が、バンヒなりに想像を膨らませて書ければ…と思ってます。
しばし(数日?)お待ちくださいませ m( __ __ )m

多分…

\(⌒∇⌒)/おはよ~!!!

私も実は気になってました。

けろっぴ~さんが意味がイマイチ解らなかったというシーンは、ハート枠で出てくる喫茶店を出たところでミヒがヒョンスとチヌの違いについて語るシーンですよね。私も日本語の字幕からはちょっと内容が読み取りにくかったような気がします。

この時、チヌはミヒが身ごもった子どもはヒョンスの子だと思ってましたから、当時それをヒョンスには知らせたのかどうか聞いたと思います。知らせなかったと云う返答に、ヒョンスが知っていたらどうのこうのとチヌが言った後でミヒが2人の違うところは…と語り始めたその内容が「??」なのではないでしょうか。(話の前後が違うかも…)

チヌのその時の表情も何か「?」が残っていたような気もするのですが…。

おはようございます。

と~っても、あやふやな質問でスミマセン m(__)m
会話引き継ぎコマンドをしていませんので、
大当たりラウンド中に出てくるか解らないです。
(あれやると途中で止めれなくなりそうで怖いんです)

仰るように多分、喫茶店から出てきたシーンだと思います。
「どうして私の子を産んだのか?」の答えを言ってたと思うんです。
ミヒが入水自殺を図った回想シーンが前後に会ったような・・・?

バンヒさんがこれから書こうと思っている三人の関係で、
答えが出てきそうです。


喫茶店と言えば、冬のソナタと春のワルツを観ていて気になったんですけど、
韓国の喫茶店の椅子は、何故にあれ程豪華なんでしょう?

しかも、バラバラで。^^

>けろっぴ~ さん

>ミヒがチヌに外の階段のところで(背景は夜?)何かを言った意味
ピンとこなかったので教えてください (*- -)(*_ _)ペコリ
パチ中に予告か大当たりラウンドか何かで出てくるシーンでしょうか?
それとも、パチでは使われていないドラマ中のシーンでしょうか?

例えば、後者だとして…
 「ハート枠予告でチヌとミヒが喫茶店で向かい合っている予告、
 このシーン直後のドラマの場面(二人が喫茶店から出てくるシーン)」
 など。

思い出せる範囲でよいので、
何か情報があれば教えてくださいませ <(_ _)>
チヌとミヒの二人の絡みはそんなに多くないので、
もしかすると例えに挙げたところかな?とは思ったんですが…

>気になる! 気になる!
チヌとミヒ、そしてヒョンスの3人の間にどんなことがあったのか…!?
((o( ̄ー ̄)o))  バンヒはそこがと~っても気になる~~!!
この3人の関係については、完全に「想像の世界」ですもんね (^^ゞ

お疲れ様です。

>簡単にはすまないミヒの執着がここにはありました。
気になる! 気になる! o(●´ω`●)oわくわく♪

質問があるのですが。
解りにくい説明で申し訳ないですけど、
ミヒがチヌに外の階段のところで(背景は夜?)何かを言った意味が
ドラマを観ていて解らなかったんですけど・・・・

こんな説明では解らないですよね。 スミマセン

もし、「此処かな?」という個所が解れば、またいつか
載せてください。 m(__)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

一言メッセージ♪

ブログ最終回記事UP☆

応援ありがとうございました
コメントやメールのお返事が
できずにごめんなさい。
みなさまお元気で (^_^)/~

ブログ内の検索にどうぞ♪

「夜背景」カテゴリにありません
こちらで検索してね☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。